tree item

各種お問い合わせをお受けしております。以下のいずれかの方法でお気軽におたずねください。
※E-mailにつきましては、アイコンをクリックして下さい。

E-mail : shop@flower-rose.net
Tel  : 087-835-1618
携帯 : 090-8974-1194



tree item

tree

tree プリザ液A・Bは、どの程度まで使用できますか?
古くなった液を使うとお花の仕上がりに影響します。 プリザ液Aは、約2〜3回です。2〜3回使ったA液は、洗浄液として使用できます。 プリザ液Bは、250ccで中バラを約10〜12輪ほど作成できます。使っているうちに色がうすくなってきたら、別売の色素液を加えましょう。

tree らくらくプリザ液は、どの程度まで使用できますか?
らくらくプリザ液250ccで中バラを約5輪ほど作成できます。らくらくプリザ液は、色素の量が少ないので2回目以降は色素液を加えるといいでしょう。

tree プリザ液A・Bとらくらくプリザ液で仕上がりに違いはありますか?
できあがりのお花の色が、プリザ液A・Bを使用した場合よりも、らくらくプリザ液を使用したほうが少し濃くなり、仕上がったお花もよりやわらかく仕上がります。

tree 使った後のプリザ液は、どのように処理すればいいですか?
20倍ぐらいの水で薄めて、生活廃水同様に処理してください。

tree 作成液の成分は何ですか?
プリザA液は、アルコールが主成分です。アルコールといっても薬局で販売されているアルコールや実験で使用するアルコールランプ と同じアルコールですので、安心してお使いください。 プリザB液は、A液と同様のアルコールとアミノ酸など化粧品に含まれる成分と一緒です。 しかし、洋服等につくと取れにくいので、扱いには注意しましょう。 プリザA液、B液、らくらくプリザ液を使用するときは、換気をすることが大切です。

tree プリザB液の水性と溶剤はどこが違うのですか?
溶剤は水性と比べると、短い時間で染めることができ、色持ちも良いのが特徴です。ただし、レッドやオレンジ等、濃い色が多いです。

tree B液どおしは、混ぜることができますか?
もちろん、混ぜてお使いになれます。但し、水性と水性どおし、溶剤は溶剤どおしをまぜるのが基本です。


tree

tree お花はどのようなお花を選ぶといいですか?
できるだけ新鮮で花びらにキズの入っていないものを選んでください。キズがあるとその部分が茶色や黒に変色してきれいに仕上がりません。 最初は小さいお花(例.バラであればミニバラなど)の方が作りやすいでしょう。

tree どんなお花でもできますか?
約60種類のお花が出来るといわれていますが、ハイビスカスやあさがおのように花びらがうすく、広いものには適していません。 しかし、トルコキキョウなど、花びらがうすくても八重のものはきれいに仕上がります。作りやすいのは花弁が厚く、しっかりしたお花です。


tree

tree お花がぬれた感じに仕上がるのですが…?
お花を入れすぎていませんか?容器にお花がゆったりと入るぐらいの数を入れて下さい。 入れすぎると、うまく脱水が出来ず、花びらが濡れたような感じになります。 それと、洗浄が足りずお花に色素が残っていることも原因のひとつと考えられます。 但し、お花は自然のものですので、お花によっては、ゆったり入れてもぬれたような仕上がりになる場合もあります。

tree 初めてで何も知識がありませんが、そんな私でも作れるでしょうか?
全く問題がありません。大丈夫です。私も最初は教えてくれる方もなく作成液に付いていた作り方のパンフレットを見ながら作りました。 もし、何かわからないことがあったら、お問合せくだされば、お答えします。


tree

tree 作ったお花はどのように保存するといいですか?
直射日光の当らない場所で保存してください。また、湿度にも弱いので梅雨の時期等は除湿機や乾燥剤などをうまく利用するといいでしょう。 かざらないときは、箱などに入れてしまっておくのがベストです。


Flower Rose (c) Copyright 2006 all right reserved